技術情報

多用途性

ガス改質を施した時点で水素リッチなガス組成となるため、用途に応じて設備(水素精製装置・ガスエンジン)を組み合わせ、地域特性や時流に合わせアウトプット(水素・電気)をフレキシブルに変化させることが可能。

BLUE IGPのリバーシブル性 図

HC(Heat Carrier)
熱媒体となるアルミナボール